更新日:2018年08月20日
遭難相次ぎ1人重傷
 山梨県内で19日、山岳遭難が2件あった。薬師岳では福島県の女性が転倒して左足の骨を折る重傷、南アルプス・北岳では埼玉県の男子高校生が体調不良を訴え、救助された。

 午前11時15分ごろ、韮崎市清哲町青木の鳳凰三山・薬師岳で、福島県伊達市の無職女性(64)が石につまずいて転倒した。同行していた仲間が119番し、県警ヘリ「はやて」が救助した。韮崎署によると、女性は左足の骨を折る重傷。

 午前8時50分ごろには、南アルプス市芦安芦倉の白根御池小屋で埼玉県越谷市の男子高校生(17)が体調不良になったと南アルプス署に通報があった。県警ヘリが救助し、同署によると、高校生は高山病で軽症。北岳山頂に向けて出発後、体調不良を訴えた。

 (山梨日日新聞 2018年8月20日付)