更新日:2004年10月01日
登山の初・中級者、知識やマナー学ぶ 芦安

 NPO・芦安ファンクラブと南アルプス芦安山岳館はこのほど、2日間にわたって南アルプス芦安登山教室を開き、県内外の登山愛好者38人が北岳(3,192メートル)に登った。

 初級・中級者を対象に登山の知識やマナーを身に付けてもらおうと開いている。

 5班に分かれ、同クラブのスタッフのサポートを受けて北岳登山に挑戦した。

 初日は広河原から標高3,010メートル地点の「肩の小屋」まで登り、芦安地区在住の清水百太郎さんから、一昔前まで旧芦安村で活躍していた南アルプスの登山ガイド「芦安案内人」の話などを聞いた。

 山頂に到着したのは2日目の早朝。濃い霧がかかり眺望は楽しめなかったが、登頂を果たした参加者からは大きな歓声が上がった。

 下山後には、同山岳館で終了式を行い、一人ひとりに修了証を交付した。

【写真】清水百太郎さん(手前左)から「芦安案内人」の話を聞く参加者=北岳・肩の小屋

(2004年10月1日付 山梨日日新聞)