更新日:2012年03月16日
しの笛や薩摩琵琶の音色楽しむ
 南アルプス保護区保護司会八田芦安支部(伊東隆雅支部長)などは、南アルプス芦安山岳館で、しの笛や薩摩琵琶の演奏会を開いた。

 保護司の活動を広く知ってもらおうと企画。やまなし横笛会の山口徹代表や南アルプス市の薩摩琵琶奏者清水えみこさんが出演し、「陽春・桜に寄す・竹の唄」「甲斐におかしき名前歌」などを演奏した。「うぐいす」(藤沢周平作)の朗読などもあった。来場した約20人は、館内に響き渡る美しい音色や朗読を楽しんでいた。

(2012年3月16日付 山梨日日新聞)