更新日:2018年03月19日
甲斐駒ヶ岳で男性が滑落死
 18日午前9時半ごろ、北杜市白州町横手の甲斐駒ケ岳で、横浜市の在日米軍基地従業員男性(42)が滑落するのを登山者が目撃し、110番した。県防災ヘリ「あかふじ」が倒れている男性を発見して甲府市内の病院に搬送したが、死亡が確認された。北杜署によると、死因は多発性外傷。

 同署によると、発見場所は七丈小屋(標高約2400メートル)の約400メートル西。うつぶせの状態で倒れていた。1人で登っていたとみられるという。

 (2018年3月19日付 山梨日日新聞)