更新日:2008年08月13日
北岳で昨年遭難の男性を遺体で発見
県警ヘリが収容
 昨年11月、南アルプス市の北岳に登山に出掛けたまま行方不明になっていた静岡県富士市の会社員男性(38)の遺体が北岳の標高2700メートル付近の斜面で見つかり、12日、県警ヘリ「はやて」が収容した。

 南アルプス署の調べによると11日午前、県警ヘリが上空から捜索を行っていたところ、北岳のトラバース道から約300メートル下の斜面で遺体を発見。12日にヘリで収容、所持品の運転免許証や携帯電話などから男性と断定した。

 男性は昨年11月3日、南アルプス市の夜叉神峠から北岳を目指して1人で入山。下山予定の4日を過ぎても戻らず、家族が同署に届け出ていた。同署がヘリなどで捜索したが発見できず、雪解けを待って今月11日に捜索を再開した。

 トラバースは、北岳の吊(つり)尾根から北岳山荘へ向かって斜面を横断する道で、同署は男性がトラバースから滑落した可能性があるとみている。

(2008年8月13日付 山梨日日新聞)


山岳遭難者発見できず
 南アルプス署は10日、南アルプス市芦安芦倉の北岳で遭難したとみられる静岡県富士市の会社員男性(38)の捜索を続けたが、発見できなかった。

 この日は、同署員や地元山岳救助隊員などが広河原、両俣小屋、中白根沢の頭周辺を調べた。

(2007年11月11日付 山梨日日新聞)


遭難の男性発見できず
 南アルプス市芦安芦倉の北岳で遭難したとみられる静岡県富士市の会社員男性(38)の捜索を行っている南アルプス署は8日、静岡、長野両県警の協力を得て捜索を続けたが発見できなかった。

 この日は静岡、長野両県警ヘリが上空から北岳山頂付近を探したほか、南アルプス署員や地元山岳救助隊員らが3班に分かれて捜索した。

(2007年11月9日付 山梨日日新聞)


捜索の男性、依然不明
 南アルプス署は7日、南アルプス市芦安芦倉の北岳で遭難したとみられる静岡県富士市の会社員男性(38)の捜索を続けたが発見できなかった。

 調べによると、男性は3日に夜叉神峠から入山したとみられる。7日は県防災ヘリ「あかふじ」と長野県警ヘリが上空から捜索するとともに、南アルプス署員が夜叉神峠付近から広河原にかけての登山道沿いを調べた。8日も捜索する。

(2007年11月8日付 山梨日日新聞)


遭難の男性発見できず 南アルプス署
 南アルプス署は6日、南アルプス市芦安芦倉の北岳で遭難したとみられる静岡県富士市の会社員男性(38)の捜索を続けたが発見できなかった。7日も捜索する方針。

 調べによると、自宅に残したメモなどから男性は3日に単独で入山したとみられる。夜叉神峠には男性の車が残されたままになっていることから遭難した可能性が高いとみて、6日は同署の山岳救助隊員6人が夜叉神峠や広河原の登山口周辺を中心に捜索した。

 男性は登山計画書を提出しておらず、北岳周辺の山小屋に立ち寄った形跡もないことから登山ルートは特定できていない。

 関係者によると、山頂付近には積雪があり、5、6の両日は雨が降るなど天候が悪化しているという。

(2007年11月7日付 山梨日日新聞)


北岳登山の男性 遭難の可能性
 4日午後6時50分ごろ、南アルプス市芦安芦倉の北岳へ登山に出掛けた男性が下山予定を過ぎても自宅に帰らないと、男性の妻から南アルプス署に通報があった。同署は男性が遭難した可能性が高いとみて、5日捜索したが発見できなかった。6日に捜索を再開する予定。

 同署の調べによると、男性は静岡県富士市の会社員(38)。3日に夜叉神峠から単独で入山し、日帰りか1泊して下山する予定だった。

 同署の山岳救助隊や県警ヘリなどが5日午前10時から約7時間半捜索したが発見できなかった。天候の状態を見て捜索を再開する。

(2007年11月6日付 山梨日日新聞)