更新日:2008年08月07日
登山学生が一時意識不明 農鳥岳
 6日午前5時55分ごろ、早川町奈良田の農鳥岳(3,026メートル)山頂付近で、テント内で休んでいた都内の女子大学生(21)が意識不明となった。2時間後に県警ヘリ「はやて」が救助し、甲府市内の病院に搬送した。大学生は高山病の症状を訴えているが、意識が戻り、回復に向かっているという。

 南部署の調べによると、大学生は、2日朝から大学登山サークルの友人7人と7泊8日の予定で登山。大学生は5日昼ごろに体調不良を訴えてテントで休んでいた。6日午前4時ごろ、大学生の意識がないのに友人が気付き、近くの農鳥小屋経営の男性(61)を通し、南部署に通報した。

(2008年8月7日付 山梨日日新聞)