更新日:2008年07月24日
笊ケ岳に登山の静岡の男性死亡 
滑落か、南部署が発見
 早川町の笊(ざる)ケ岳(標高2,629メートル)に登山に出掛けた静岡県長泉町の無職男性(66)が予定を過ぎても帰宅しないと、知人から22日夜、南部署に届け出があった。同署は23日、捜索を行い、沢で倒れている男性を発見、死亡を確認した。

 調べによると、捜索隊が同日午前11時45分ごろ、笊ケ岳中腹のつづら折りになっている登山道から約300メートル下の沢で男性を見つけた。全身を強く打っていて、同署は男性が急斜面を滑落したとみて調べている。

 男性は21日、日帰りの予定で単独で入山したが、22日になっても帰宅せず、23日は署員と県警ヘリ「はやて」が登山道周辺を捜索していた。

(2008年7月24日付 山梨日日新聞)