更新日:2004年05月03日
畦地梅太郎の画業紹介
南アルプス芦安山岳館

 「山の版画家」と呼ばれた畦地梅太郎の画業を紹介する「ヤッホー! がきこえてくる 山の版画家 畦地梅太郎展」(南アルプス芦安山岳館、山梨日日新聞社、山梨放送主催)が24日、南アルプス芦安山岳館で始まった。

 そびえる山の景観、顔にひげをたくわえた山男の姿を描いた版画をはじめ、油彩、ガラス絵、水彩、墨画など約200点を紹介。会場を訪れた人たちは、デフォルメされた山々や、畦地作品の特徴であるライチョウなどに見入っていた。

 来年1月31日まで。

【写真】版画家畦地梅太郎の作品約200点を紹介している「ヤッホー! がきこえてくる 山の版画家 畦地梅太郎展」=南アルプス芦安山岳館

(2004年4月25日付 山梨日日新聞)