更新日:2008年07月02日
開山式で安全祈願 甲斐駒ケ岳と八ケ岳

 甲斐駒ケ岳と八ケ岳で山開きを迎えた1日、地元観光協会などが北杜市内で開山式を行い、シーズン中の安全を祈願した。

 市観光協会白州支部は、市白州町白須の甲斐駒ケ岳神社で神事を行った。約20人が出席し、伊藤裕久宮司が祝詞を奏上した後、白倉政司市長らが神前に玉ぐしを奉納した。

 一方、市大泉町西井出の美し森ファームで行われた八ケ岳の開山式は、八ケ岳観光連絡会や市から30人が出席。連絡会の浅川力三会長は「昨年同様、無事故でシーズンが終わるようにしたい」とあいさつした。

【写真】登山者の安全を祈願した甲斐駒ケ岳の開山式=北杜市白州町白須

(2008年7月2日付 山梨日日新聞)