更新日:2008年06月25日
韓国TVが南アルプス登山の魅力を紹介
27日から観光資源収録
県、旅行者増に期待
 南アルプス登山の魅力を紹介するテレビ番組が韓国KBSテレビで放送されることになり、制作スタッフらが27日から来月1日まで取材に県内を訪れる。南アルプスが海外のテレビ番組に大きく取り上げられるのは初めてとみられ、県は韓国からの旅行者増を期待している。

 県国際交流課によると、取材に訪れるのは撮影スタッフや出演者の俳優ら5人程度。海外各地の自然などを紹介する番組で、南アルプスでの取材分は7月中旬の放送予定という。番組を共同制作している韓国の大手旅行会社とつながりのあった県に打診があり、取材が実現した。

 一行は27日に南アルプス市入りし、28日に広河原で行われる開山祭を取材。29日には北岳に登頂し、固有種のキタダケソウなどを撮影する。30日には間ノ岳や農鳥岳を縦走して早川町奈良田に下山する。ふもとの温泉や県内ワインなどの取材も計画している。

 韓国では近年、登山がブームで海外への登山旅行者も増加傾向という。しかし、県内の山岳観光地は知名度の高い富士山以外、ほとんど知られていないのが現状。同課は「山梨の特色や新しい観光資源を知ってもらうチャンス。周辺への波及効果も期待できる」としている。

(2008年6月25日付 山梨日日新聞)