更新日:2017年09月10日
北岳で男性病死か
 9日午前11時半ごろ、南アルプス・北岳の登山道で、登山者とみられる男性が意識を失って倒れていると、110番があった。男性は川崎市の会社員(50)で、県防災ヘリ「あかふじ」で病院に搬送されたが死亡が確認された。病死とみられる。

 南アルプス署によると、男性が見つかったのは八本歯のコル(標高約2900メートル)から山頂方向へ約100メートルの登山道。男性は同日、単独で入山し、山頂を目指している途中で倒れたとみられる。目立った外傷はなかった。別の登山者が倒れている男性を発見し、110番した。

 (山梨日日新聞 2017年9月10日付)