更新日:2007年08月16日
「南アの自然守りたい」ARの高橋裕美さん
動植物の現状調査

 南アルプス国立公園担当の自然保護官(レンジャー)を補佐する環境省のアクティブ・レンジャー(AR)として、高橋裕美さん(24)=東京都立川市出身=が着任し、8月末まで南アルプス芦安山岳館を拠点に活動している。同公園へのAR配置は2年目。高橋さんは「人間が手を加え壊れた自然環境を元の状態に戻す手助けをしたい」と意気込んでいる。

 ARは自然保護官の活動を補助する同省の非常勤職員で、2005年度から全国に本格配置されている。県内では、富士箱根伊豆国立公園の富士五湖地区にも配置されている。

 高橋さんは5−10月の半年採用。富士吉田・富士五湖自然保護官事務所での勤務後、7月からの2カ月間、同山岳館に在駐する。同国立公園の利用実態や動植物の現状を調査している。

 近年指摘されているシカやサルなどによる高山植物の食害の調査も業務の一つ。高橋さんは「高山植物にどのような被害が出ていて、なぜシカやサルの生息域が高山帯にまで上がってきているのか。実態や対策が少しでも見えてくれば」と話す。

 同山岳館の塩沢久仙館長は「自然保護官が常駐しない南アルプスにARが2年連続で配置された意義は大きい。南アルプスの環境保全や適正利用につなげてほしい」と期待している。

【写真】南アルプス国立公園に配置されたアクティブ・レンジャーの高橋裕美さん=南アルプス芦安山岳館

(2007年8月16日付 山梨日日新聞)