更新日:2017年08月30日
北岳で滑落 男性重傷
 29日午前9時55分ごろ、南アルプス・北岳の登山道で、宇都宮市の無職男性(67)が約10メートル滑落した。南アルプス署によると、男性は右鎖骨と左肋骨(ろっこつ)を折る重傷。

 同署によると、現場は大樺沢二俣から八本歯のコル方向へ約700メートルの地点。男性は広河原へ下山中に砂利道で足を滑らせて転倒し、登山道から滑り落ちた。

 男性は27日から友人男性と2人で登山していた。友人が110番して県警ヘリ「はやて」が救助、甲府市内の病院に搬送した。

 (山梨日日新聞 2017年8月30日付)