更新日:2017年08月21日
芦安芦倉登山道で男性けが
 20日午後3時50分ごろ、南アルプス市芦安芦倉の白鳳峠と広河原をつなぐ登山道で、甲州市の会社員男性(50)が転倒した。南アルプス署によると、男性は左手首の骨を折るなど重傷。

 同署によると、男性は鳳凰三山を縦走して下山中、岩場でつまずいて転んだ。同行の友人が110番し、山小屋関係者と署員が救助した。

 (山梨日日新聞 2017年8月21日付)