更新日:2017年07月16日
農鳥岳の遭難男性 身元判明
 南部署は15日、早川町の農鳥岳登山道で14日に転倒し重傷を負った自称韓国籍の男性は、無職男性(62)だったと発表した。

 同署によると、男性は14日、下山中にバランスを崩して転倒し左足首を骨折した。静岡県防災ヘリで救助された。

 (山梨日日新聞 2017年7月16日付)


農鳥岳で転倒、足首骨折
 14日午後3時ごろ、早川町の農鳥岳登山道で、自称韓国籍の60代男性が転倒した。男性は静岡県防災ヘリで甲府市内の病院に搬送され、左足首の骨を折る重傷。

 南部署によると、男性は韓国のツアーに参加し、計22人で登山をしていた。下山中にバランスを崩して転倒したという。

 (山梨日日新聞 2017年7月15日付)