更新日:2018年12月16日
県山岳連盟70年祝う
甲府で式典、功労者に感謝状

 県山岳連盟(秋山教之会長)が創立70周年を迎え、15日、甲府・古名屋ホテルで記念式典を開いた。

 会員のほか、後藤斎知事や原幸太郎県警本部長ら約150人が出席。秋山会長は「これまで多くの活動に取り組んできた。今後も積極的な参加や提言を頂きながら、連盟を発展させていきたい」とあいさつした。

 式典では県内のアウトドア用品店や山小屋の関係者らへ長年の協力に対する感謝状を贈った。活動の報告もあり、登山やロープワークの講習会、高山植物調査、スポーツクライミングの普及教室など、これまでの連盟の取り組みをスクリーンに映し出して紹介した。

 同連盟は1948年に設立。現在は県内の山岳会など24団体で構成され、約700人の会員が所属している。

 【写真】式典であいさつする秋山教之会長=甲府・古名屋ホテル

 (山梨日日新聞 2018年12月16日付)