更新日:2018年11月23日
国内外で撮影した山岳写真54点
ぐるーぷ山かがし展

 県内の山岳写真愛好家でつくる「ぐるーぷ山かがし」(保坂広代表)が25日まで、甲府・県立図書館で四季折々の山を活写した写真展「出会いのとき 2018 山野の彩り」を開いている=写真。

 隔年で開いていて19回目。メンバー10人による山梨、長野両県を中心とした国内外の山岳写真54点を展示している。

 大半はフィルムカメラで撮影。うっすらと雪をかぶり冬を迎える南アルプス・薬師岳、朝焼けの赤い富士山にかかる残月など多様な姿が並び、来場者が見入っている。午前9時〜午後6時。

 (山梨日日新聞 2018年11月23日付)