更新日:2018年09月25日
塩沢さん(芦安山岳館初代館長)しのび登山
一周忌、友人ら栗沢山へ

 南アルプス山岳観光の拠点となる南アルプス市芦安芦倉の「南アルプス芦安山岳館」の館長などを務めた故塩沢久仙さんの追悼登山が一周忌に当たる24日、南アルプスの栗沢山で行われた。塩沢さんと親交があった関係者が集まり、思い出話に花を咲かせながら山を歩いた。

 塩沢さんは夜叉神峠小屋の管理人などを経て、2003年に芦安山岳館の初代館長に就任。北岳固有の高山植物の保護や遭難者の救助活動、山岳文化の発信などに力を注いだ。75歳の誕生日だった昨年9月24日、栗沢山の山頂付近でガイド中に意識を失い、甲府市内の病院で死亡が確認された。

 栗沢山への追悼登山には、県山岳連盟や環境省の関係者、市職員などが参加。登山に先立ち、出発地点となった北沢峠付近にある長衛小屋(同市芦安芦倉)で行われたセレモニーには60人が参列した。

 追悼登山を企画したNPO法人「芦安ファンクラブ」の清水准一会長は「(塩沢さんは)活動的だったので、北岳や甲斐駒ケ岳に行っているかもしれない。黙とうしてみ霊を呼び寄せてほしい」とあいさつ。塩沢さんの次男・顕慈さん(38)は「多くの人が集まり、親族としてもうれしい限り」と話した。

 参加者はセレモニー後に登山を行い、山頂で遺影に向かって手を合わせた。

 【写真】塩沢久仙さんの遺影の前で手を合わせる追悼登山の参加者=栗沢山山頂

 (山梨日日新聞 2018年9月25日付)