更新日:2018年07月24日
滑落事故を想定し警察、消防が訓練
峡北消防本部
 韮崎署と北杜署、峡北消防本部は、同消防本部の訓練棟で、滑落事故現場を想定した合同訓練を行った。

 山岳遭難などの発生時に連携して対応するための覚書を3者間で締結したことを受けて、初めて合同訓練を実施。韮崎、北杜両署の7人と同消防本部の10人、県警山岳警備安全対策隊の1人が参加した。

 警察と消防が持っている装備品の違いを確認。ロープを使って壁をよじ登る訓練を行ったほか、救助者の搬送手順を確かめた。

 覚書は発生現場での署員や隊員の活動を効率化し、救助時間の短縮につなげるために締結。今後も継続的に合同訓練を行う。

 (山梨日日新聞 2018年7月24日付)