更新日:2018年04月29日
JR甲府駅に安全登山街頭指導所開設

 ゴールデンウイーク期間中の山岳遭難を防ごうと、甲府署と県警山岳警備安全対策隊は28日、JR甲府駅に安全登山街頭指導所を開設し、登山者に万全な準備を呼び掛けた。

 指導所は同駅コンコースと南口の2カ所に開設。署員と隊員が、富士山や鳳凰三山など、山ごとに危険スポットや遭難事例をまとめたチラシを登山者らに手渡した=写真。

 同署の萩原健地域交通管理官は「ライトや飲料水、通信手段などの準備を徹底してほしい」と強調。万全な備えこそ登山の第一歩だとアピール。

 (2018年4月29日付 山梨日日新聞)