更新日:2017年10月26日
武川小の5年生 エコパーク学ぶ
芦安山岳館で学習会

 北杜・武川小の児童は、南アルプス市芦安芦倉の芦安山岳館で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」について学んだ=写真。

 総合的な学習の時間に、豊かな自然のあるエコパークがもたらす恩恵について勉強している5年生23人が参加。南アルプス市観光商工課の担当者から市内のエコパークの特徴について説明を受けたほか、芦安小の3人の児童から南アルプスの登山体験の様子などを聞いた。

 芦安小の児童にはお礼として、北杜市の水をPRするキャラクター「ミズクマ」をデザインしたシールやクリアファイルを贈った。

 (山梨日日新聞 2017年10月26日付)