更新日:2017年05月18日
遭難男性を発見
 韮崎署は17日、韮崎市の御座石鉱泉から登山開始後に連絡が取れなくなっていた川崎市麻生区の会社役員男性(63)を発見した、と発表した。男性は顔に擦り傷などの軽傷を負った。

 同署によると、男性は17日午後1時ごろ、早川町奈良田に自力で下山し、家族に電話で報告。家族からの連絡を受け、南部署員が同所のバス停付近で男性を確認した。

 (山梨日日新聞 2017年5月18日付)


鳳凰三山入山か 男性連絡取れず 県警きょう捜索
 鳳凰三山に入山したとみられる川崎市の会社役員男性(63)と連絡が取れないと、男性が所属する山岳団体メンバーが15日までに、県警に届け出た。県警は遭難した可能性があるとみて、天候の回復を待って16日から捜索する。

 韮崎署によると、届け出は14日午前8時50分ごろ。男性は7日に単独で韮崎市の御座石鉱泉から入山し、北岳、間ノ岳、農鳥岳などを縦走して11日に下山する予定だった。鳳凰三山の山小屋で男性とみられる登山者の目撃情報があるという。南アルプス署員が16日早朝から捜索する。

 (山梨日日新聞 2017年5月16日付)