更新日:2017年07月02日
八ケ岳、甲斐駒で開山式 登山者の安全祈願
 八ケ岳と甲斐駒ケ岳が1日、山開きとなり、北杜市の観光業者らが開山式を行ってシーズン中の登山者の安全を祈願した。

 同市大泉町西井出のサンメドウズ清里で行われた八ケ岳の開山式では、八ケ岳観光連絡会の関係者や渡辺英子市長ら約30人が出席。神事の後、同連絡会の浅川力三会長が「近年は女性や高齢者の登山客が増えている。事故のない、安全なシーズンになることを祈念する」とあいさつした。

 一方、同市白州町の竹宇駒ケ岳神社では、甲斐駒ケ岳の開山式があった。市観光協会白州支部のメンバーら約20人が参加して神事を行った。

 【写真】八ヶ岳の開山式で安全登山を祈願する出席者ら=北杜市大泉町西井出

 (山梨日日新聞 2017年7月2日付)