更新日:2016年06月19日
芦安山岳館で企画展開幕
田淵さん愛した南ア紹介

 山岳写真家で高山チョウの研究家としても知られる田淵行男さん(1905〜89年)を紹介する企画展「ナチュラリスト田淵行男の世界 博物学者が見た南アルプス」(南アルプス市、山梨日日新聞社、山梨放送主催)が18日、同市芦安山岳館で始まった。

 田淵さんが南アルプス山系などで撮影した山岳写真をはじめ、チョウの細密画、ザックやカメラといった田淵さんの愛用品など約70点を展示している。

 この日はオープニングセレモニーが行われ、関係者約100人が参加。ヴァイオリニストの斎藤途子さんが、バッハの「シャコンヌ」を演奏した。

 来年5月30日まで。入場料は大人(中学生以上)500円、子ども250円。午前9時〜午後5時。水曜休館(7月16日〜8月23日は無休)。

 【写真】田淵行男さんが撮影した山岳写真や著作、愛用品を展示する企画展=南アルプス市芦安山岳館

 (山梨日日新聞 2016年6月19日付)