更新日:2014年01月14日
エコパーク制度や取り組み事例学ぶ
18日、北杜で説明
 南アルプスの国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域(エコパーク)への登録を目指す南アルプス世界自然遺産登録県連絡協議会は18日、北杜市の白州・尾白の森名水公園「べるが」で、エコパークの説明会を開く。

 エコパーク登録の事務に携わっている横浜国立大の若松伸彦環境情報研究員が講演。自然と人間の共生を進めるユネスコエコパークの制度や仕組み、国内外での取り組み事例について解説する。

 参加無料で、定員は40人。申し込み、問い合わせは南アルプス市みどり自然課、電話055(282)7259。

 (2014年1月14日付 山梨日日新聞)