武川米

武川米
 山梨県の武川地方は古くから水田が開けた。釜無川の西方流域地帯で武川筋と呼ばれ、北巨摩でも南の方に行くにしたがって盆地と類似した気候を呈し、主要な米作地帯となっている。南アルプスから釜無川へ流れ込む良質の水と、砂質壌土の地味とが相まって昔から良質米の産地として知られ、山梨県の数少ない銘柄米の一つに数えられている。古くからこの地方では酒の醸造が行われてきた。
 「甲州の米」が2001(平成13)年、山梨百選に選定されている。