郷土料理「すばく」

郷土料理「すばく」
 山梨県早川町に伝わる。約2時間煮た大麦に、うずら豆とコメを入れて炊きあげた素朴な料理。新倉の茂倉集落のおばあさんたちが日本上流文化圏研究所の研究員を交えて「すばく愛好会」を発足させた。コメが少ない不作の年、戦争中などに食べられたが、今では地元の「茂倉うり」やエゴマ、青シソがたっぷりと入って満足の味。「長生き郷土食」だそうで、おばあさんたちは楽しみながら、後世への伝承に大張り切りだ。