アヤメ群落

アヤメ群落

 山梨県櫛形山北尾根に5ヘクタールほどのややくぼむ所があり、そこがアヤメの群生地であるので「アヤメ平」と呼んでいる。

 7月ごろアヤメが開花して美しい眺めとなる。アヤメ群落の中にいろいろの草がはえていて、6月にはキンポウゲの黄色い花が一面に咲き、8月にはクガイソウ、ハンゴンソウ、ヤナギラン、シモツケソウ、ハナチダケサシ、スルガヒョウタンボクなどが咲く。

 アヤメ平は標高1900メートル。アヤメの大群落として県内にその類例を見ない。櫛形山の植物については巨摩高自然科学部の研究報告がある。

 「櫛形山のアヤメ 櫛形・増穂」が2001(平成13)年、山梨百選に選定されている。

 【写真】標高1,900メートルの櫛形山北尾根に広がるアヤメ群生地。「アヤメ平」と呼ばれる