【山梨】青木鉱泉

【山梨】青木鉱泉
 山梨県韮崎市清哲町青木にある鉱泉で、旧青木村に属したところから呼ばれた名称。発見は延暦(782−806年)のころと伝えられ、古くは大棚沢(現在地より約4キロ上流)畔にあったといわれる。現在地は小武川上流ドンドコ沢の渓流に沿う標高約1150メートルにある。1881(明治14)年開湯の山の湯で、源泉数1、泉温25度以下、ゆう出量毎分約20リットル。自噴の酸性泉である。鳳凰山登山の基地であり、付近には東洋一を誇るシラカバ純林、南精進ケ滝などの名勝地がある。また近くの御座石鉱泉を含む地域一帯はかつて金、銀、銅などが採掘された地域で御座石千軒の伝説がある。

 ★山小屋情報はこちらから
精進ヶ滝