中央構造線博物館

中央構造線博物館

 長野県大鹿村大河原。中央構造線によって造られた谷が南北に貫くこの村は、その雄大な地形そのものが標本で「村の南北25キロ東西15キロが博物館」とのキャッチフレーズを掲げているほど。

 この施設はその拠点で、同構造線の断層中心部の縦2.4メートル、横3.4メートルをはぎとった「断層露頭はぎ取り標本」をはじめ、岩石の大型切断標本、精密な地形地質模型、災害の記録と治水などを展示している。http://www.osk.janis.or.jp/~mtl-muse/